わたしたちができること|水戸市の歯医者

わたしたちができること

治療と予防に対する考え方

予防歯科の落とし穴

最近は、「予防歯科」という言葉がよく聞かれるようになりました。
予防歯科とは、定期的に歯科に通ってクリーニングなどの処置を受け、虫歯や歯周病など、お口のなかのトラブルを未然に防ぐこと。予防のために定期的に歯科に通う人は、日本ではまだまだ少ないとはいえ、「予防歯科」を看板に掲げる歯科は増え、現在はほとんどの歯科で「予防」ができるようになりました。

もちろん定期的に歯科に通ってクリーニングと口腔内のチェックを受けることは、歯の健康を保つうえで大きなメリットがあります。

しかし一方で、定期的に通っているから大丈夫、という過大な安心感を得てしまってはいないでしょうか?

歯の健康を守るためにもっとも大切なのは、日常的に行う正しい口腔内のケア、つまり歯磨きです。たとえ数カ月に一度、歯のクリーニングを受けていても、毎日きちんと口腔内のケアを行っていなければ、クリーニングの翌日から、お口のなかはばい菌だらけになってしまいます。

予防への意識を変えることで、本当の予防を

本当の予防歯科とは、歯科(クリニック側)と患者さんの双方が、歯の健康に対する意識を共有し、協力しながらケアを行っていくことである、と当クリニックは考えています。
そのため当院では、クリニック側からの一方的な治療やクリーニングではなく、患者さんの意識を変え、患者さん自らが、正しく歯のケアができるようになるためのプログラムを用意しています。

スウェーデン式予防プログラムを取り入れています

当院が導入している画期的な予防プログラムは、通称「スウェーデン式予防プログラム」と呼ばれています。

欧米諸国の人々は、日本人とは比較にならないほど歯の健康に対する意識が高いのですが、なかでもスウェーデンは、予防歯科のお手本ともいえる国です。定期的に歯医者に通ってクリーニングや口腔内のチェックを受けるだけでなく、毎日の正しい歯磨きや口腔内ケアによって、「自分で自分の健康な歯」を守ることを、皆がごく当たり前のことのように行っています。

しかし、スウェーデンのように、歯の健康に対する意識を高めることは、そう簡単なことではありません。
先にもお話したように、「定期的に歯医者に通っているから大丈夫だろう」という気持ちがあると、クリニックで行うチェックやクリーニングだけに頼ってしまい、日ごろのケアがおろそかになってしまいがちです。

いくら私たちが「正しく歯を磨きましょう」と言っても、患者さんの意識が変わらなければ、治療も指導も意味はありません。実際、「歯をきちんと磨いています」と言う患者さんの口腔内をチェックすると、正しいケアができていないことがよくあります。

「スウェーデン式予防プログラム」は、患者さんの歯に対する意識も変えるプログラムです。
なぜお口のなかの状態が悪いのか、生活習慣やものの考え方をも考慮し、根本から歯の健康について見直し、自立して歯のケアができるようになるための、完全オーダーメイドのプログラムです。

診療項目

歯科用CTによる、より正確な診断

CTの重要性・必要性

従来のX線写真は2次元的な平面での診断しかできませんが、歯科用CTスキャンでは3次元の立体画像でのレベルに変わるので、より多くの情報が得られます。

見えなかったものが見えるようになり、治療の安全性が広がります

一般のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できるようになりました。顎の内部構造なども、リアルに見えます。
インプラント治療においては骨の幅も分かるため、正確な診査・診断により、治療の安全性を高めます。

デジタルにより従来のフィルムを使用したレントゲン撮影に比べ、人体に受ける放射線の量を約1/4~1/10に抑える事が可能に、またCT(3D)機能により断層写真、立体的な撮影ができますので、インプラントのみならず、あらゆる歯科診療でより正確な診断と安全確実な診断が行えます。また、CT撮影も実行照射時間の短縮により、他のCT機器と比べ放射線量が一番少なく(2009年1月時点)、患者さんに必要以上のX線照射をすることなく診査・診断ができ、体にも安全です。

ページの先頭へ